清原和博

2008年10月 2日 (木)

清原選手 引退試合!!

10月1日午前1時 仕事から 帰宅sign01

洗い物など 済ませ 風呂に入る

眠れる筈もなく このまま 出発しようと決心した。

午前3時 大阪に向かって 車を走らせる。

中国道を1時間も走ると さすがに 睡魔が襲ってくる。

サービスエリアに寄って 仮眠。

多分 2時間くらい 眠ったようです。

また 走り始める。

少し行くと 体調が悪く感じる。

昼間 寝ておこうと思ったのに 興奮して 眠れない。

名古屋の久美子さんが教えてくれた…

西武戦で 清原が胴上げされた事を。

目頭が熱くなる。涙が溢れた。

あんなに嫌っていた 清原を こんなにも 思うなんてね。

自身 清原の事 思いを 理解しようともせず

ただ 巨人に移籍したことだけをこだわり続けた。

若き日に あんなにも 巨人に入団したくて

熱いエールを送り続けていた清原の

心の中を 理解しようとも しなかった自分が 恥ずかしいです。

どんな思いで 西武に入り

どんな思いで 巨人を去り

最後の花道を歩く為

大阪に帰った清原。

このひと月 どんどん 清原に 惹かれていった。

まわりは 私を 非難する。

あんなに嫌っていた清原の引退試合に行くんだと…

非難されても仕方ない。

心の奥深くの 清原の苦しみを理解出来なかったんだから。

もう 遅いかも 知れないけど

最後に

心から

ごめんなさい

ありがとうを言いたかった。

球場で 清原を見て 膝の痛みに耐えて

バッティング練習をする姿に涙が溢れて 落ちた。

試合が始まり

応援団も 熱が入り

私の胸も踊り 若き オリックス応援団のリーダー達の掛け声に

手を叩き

拳をあげ

叫んだsign03

3打席目に 2塁打を放ち 打点をあげた。

清原コールも 会場全体から こだました。

ここにきて 良かった。

この場所に居られた事に 感謝した。

オリックス快勝のまま 試合終了

凄い

偉大な

そして 何より

誰より

純真な 真直ぐな男 清原の

最後の花道を見られた事に感謝した。

長い間 お疲れ様でした。

少し 休んだら

今度は

人生の男の花道を まっすぐ まっすぐ 歩いてください。

ありがとうございました!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

剛 正式 発表!

この記事ごらんください⇒京セラドーム参戦

10月1日 京セラドーム 参戦します。

正規のチケット取りは 名古屋の方が一時間前から 並んでくれたのですが 行列が長くて 一時間もしないうちに 完売となりました。しかたなく オークションで外野席を買いました。

チケットを手にしてから 清原への思いが募りました。

あんなに嫌っていた清原選手が ここまで 男気を見せてくれて もともと PL学園の時から凄いなって思っていたんだもの。。巨人への夢を捨てきれなかった清原を理解できなかった私は おろかでした。遅いかも知れませんが 同じ剛ファンとして 野球ファンとして 精一杯熱いエールを送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

清原選手 引退!

清原選手の 引退を 知りました。

名古屋のKさんがメールでしらせてくれました。

引退試合になる 10月1日 

剛のheart生とんぼheartでの入場もあるとかsign03

その記事です⇒清原引退←クリックしてみてください。

昔々 清原選手は 巨人に入団したくて仕方ありませんでした。しかし 巨人が1位指名したのは 同じチームの桑田だった。桑田は どこに指名されても大学に進学すると発表していた。だから どの球団も桑田を指名しなかった。その結果 巨人だけがドラフト1位指名した。桑田はというと 巨人入団を決めた。清原は あんなに巨人にラブコールを送っていたにも関わらず 巨人からの指名もなく 西武に入団した。その当時の 清原の心境を想像すると 哀れになってくる。。しかし 西武入りを果たした清原は 大活躍をした。

ここまでは 清原を好きだった。。。

なのに あんな煮え湯を飲まされた巨人に 清原は行った。。。。。

そこまで 巨人に執着する清原が 嫌いになった。

その頃から 剛は 清原にラブコールを送り 清原も 剛を慕ったのではないのかと 想像する。。剛は 世間から バッシングされたりする人、そして それにも負けないで頑張っている人を愛してしまうのだろう。。

私は 心の狭い人間なんだろう。。剛のように 声援する気持ちが起こらなかった。

またも…巨人を追われ 故障に悩み 遂には 引退というフィナーレを迎えようとしている 清原選手に 今は 大きな拍手を贈りたい!

男 清原は 世間がどう言おうと 自分の意思で走り続けたんだupupup

| | コメント (1) | トラックバック (0)